20218.5(木)

詳細はこちら

セミナー ボランティア体験 交流カフェ

第4回たなしる たなふく

8.3(火)

締切間近

たなしるは「京田辺市のヒト・モノ・コトを知る・知らせる」をコンセプトに学生スタッフARCO(京田辺)が行うプログラムです。

第4回たなしる「たなふく」では、「就労継続支援B型事業所 さんさん山城」を訪ね「濃茶大福の包み体験」をさせていただきます。

体験を通して「ノウフク連携」の取り組みや「六次産業化」に取り組む「さんさん山城」をご紹介します。

あなたも一緒に京田辺の魅力を見つけに行きませんか??

【開催日時】8/5(木)13:00~16:30

【会場】さんさん山城(京田辺市興戸小モ詰18-1)

【申込み】参加には事前申し込みが必要です

     こちらのフォームから申込締切日8/3(火)までにお申込みください。

【定員】10名(先着順、定員に達し次第〆切)

【参加費】無料

対象
同志社大学学生
主催
同志社大学ボランティア支援室                   運営:ボランティア支援室学生スタッフARCO
備考

問合せ:ボランティア支援室(京田辺)

    TEL 0774-65-6777 Mail jt-volun@mail.doshisha.ac.jp

20219.1(水)

詳細はこちら

セミナー

防災講座 ~今こそ「備える」ことを考えよう~

8.25(水)17:00

ボランティア支援室主催 防災事業第1弾として、防災講座を開催いたします。

「災害に備えましょう」と聞くけど、何から準備したら良いかわからない。実際に被災していないのでどれだけ必要かよくわからないという方もいるのではないでしょうか。
今回の防災講座では、過去にあった災害にも触れながら、地震や豪雨・台風などによる水害に対する防災について学ぶと共に、自宅で身を守る方法や被災後の過ごし方などについて考えるワークを行います。

今、自宅に防災グッズと言われるものはありますか?講座をとおして「備える」ことについて考えよう!

【講座内容】災害ボランティアに参加するにあたって
日時:9/1(水)13:00~15:30 @Zoom
内容:<講義>・過去にあった災害について
       ・自宅で被災した際の身の守り方について など

   <ワーク>・自宅にある防災グッズを見直してみよう(予定)など

【参加にあたって】
・本講座はオンラインミーティングアプリ「Zoom」を用いて行います。
 予めZoomアプリをダウンロードし、使用できる環境からご参加ください。
・後半ではグループワークを行いますので、声が出せる環境からご参加ください。
・関心はあるが、どうしても参加できないという方は、まずはボランティア支援室までご相談ください。限定公開でオンデマンド配信を予定しています。

【講師】NPO法人国際ボランティア学生協会(略称:IVUSA)
              IVUSA危機対応研究所 主任研究員
    深山 恭介 氏

プロフィール:
2010年3月に大学を卒業後、日本有数の豪雪地帯である新潟県十日町市にて、地域おこし協力隊として、農村都市交流事業や中山間地域支援事業を企画実施。在職期間中、豪雪災害・地震・水害が発生し、復旧活動にも取り組む。
2013年4月にIVUSAに入職し、現在はIVUSA危機対応研究所主任研究員として、主に被災地の復旧支援事業や危機対応講習を担当。これまで国内で発生した28の災害に対し実施した、復旧支援活動等に従事。

【申込み】
参加には事前申し込みが必要です。
こちらのフォームから申込締切日までにお申込みください。

〆切:8/25(水)17:00

定員:40名程度(先着順、定員に達し次第〆切)

時間
13:00~15:00
対象
同志社大学生
主催
ボランティア支援室

20203.25(木)

詳細はこちら

フードバンク食品配付会

3.18(木)

「フードバンク 食品配付会」の募集は、定員に達したため受付を終了いたしました

ボランティア支援室では今後も同様の取り組みを検討しております。
今後の情報提供を希望される方は、こちらのフォームより必要な情報を記入してください。


本フォームでは、食品配付等へのニーズの把握及び、今後の情報提供に使用いたします。
※なお、今後必ず同様の取り組みを実施するとは限りませんので、ご注意ください。

 

 

コロナ禍で困っている学生を応援するため、フードバンク京田辺に集められたお米や缶詰、レトルト食品など約3日分の食品セットを無償で配付する食品配付会を開催します。

※受け取りの際は必ずマスク着用の上お越しください。
※食品は地域のみなさまからのご寄付で賄われています。
  アレルギーなど個別の事情には対応できかねます点、ご了承ください。
※配達はできません。

 

フードバンク京田辺とは?
各家庭や小売店、食品メーカーなどから食品ロスを集め、必要とされている方、団体などへ提供する「フードバンク」活動に京田辺市で取り組む地域団体。2019年8月設立。

 

 

時間
14:00~16:00
場所
同志社大学京田辺校地多目的ホールラウンジ
対象
同志社大学生 ※当日は学生証を提示してください
主催
同志社大学ボランティア支援室、フードバンク京田辺
備考

先着50名

定員に達したため受付を終了いたしました

問合せ:ボランティア支援室(京田辺)
    TEL 0774-65-6777 Mail jt-volun@mail.doshisha.ac.jp

20213.9(火)

詳細はこちら

セミナー

コロナ禍の団体運営の工夫

3.4(木)17:00

[スキルアップ講座]Vol.8
[スキルアップ講座]とは、ボランティア活動に取り組んでいる学生や学内ボランティア団体等を対象に、活動に活かせる発展的な知識やスキルを学ぶ場を提供するボランティア支援室主催の講座です。

コロナ禍で思うように団体活動ができない中、手探りで活動を進めてきた1年。
これまでも活動に参加するのは決まったメンバーになっていたり、
あまり活動に参加できていないメンバーに対してどう声かけしていいのかもやもやするなど、
チームで活動する上で、どうしても気になってしまう「モチベーションの差」。

今回は、参加する団体同士での情報交換の時間も交えながら、団体運営について学び合い、新年度に向けての準備をする機会にしませんか?

\こんな方に特にオススメ/
✔メンバーとのモチベーションの差 にもやもやしている方
✔他団体と交流しながら、自分たちの団体に活かすヒントを見つけたい方
✔団体の活動を活性化したい・・・!と考えている方

今できるコトを考え、新年度に向けて勢いづけよう!

講師 芝原 浩美

時間
10:00~12:00
対象
ボランティア活動をしている同志社大学生、同志社ボランティアネットワーク(V-NET)加盟団体、クラブ・サークルの運営メンバーなど、これら以外の方も歓迎です
主催
ボランティア支援室
備考

開催方法:オンライン(Zoom)

定員:20名(先着順、定員に達し次第〆切)

申込:こちらよりお申し込みください。

問合せ:ボランティア支援室(今出川)
TEL 075-251-3236
MAIL ji-volun@mail.doshisha.ac.jp

20212.23(火・祝)

詳細はこちら

交流カフェ

第19回 同志社つながる@カフェ 「今だから伝えたい出町桝形商店街の魅力と力」

2.21(日)

「同志社つながる@カフェ」とは、地域の方と学生の交流の場です。
地域の方と学生が、歴史・文化・行事・暮らしなどなど色々なテーマについて情報交換できる場を定期的に設けています。

第19回目は「コロナ禍の商店街」をテーマにオンラインにて開催します。

コロナによって街からにぎわいが消えました。
今回の@カフェでは同志社大学生にとって身近な商店街である「出町桝形商店街」の理事長の鋸屋慎三(おがやしんぞう)さんをゲストスピーカーにお呼びし、出町桝形商店街の魅力やコロナ禍での取り組みなどをお話していただきます。そのあと、グループに分かれて鋸屋さんと直接お話しできる時間もあります。

これを機会にみなさんが生活している地域を体感してみませんか。

 

 

***月刊ARCO新聞のお知らせ***
コロナ禍で大学周辺地域について知る機会や足を運ぶ機会が少なくなったことを受けて、
ARCO目線で地域の魅力を取材し、発信する「月刊ARCO新聞」を発行しました。

記念すべき第1号は、今回の@カフェで取り上げる「出町桝形商店街」の中にある、
「出町座」についてお話を伺いました。
商店街の中にあるお店から見た「出町桝形商店街」とのつながりについても
触れられていますので、ぜひご覧ください!(画像をクリックしてください)

時間
14:00~15:40
対象
同志社大学学生
主催
学生支援センター ボランティア支援室                   運営:ボランティア支援室学生スタッフARCO
備考

定員:6名(先着順)定員に達し次第〆切
参加費:なし
申込方法:参加には事前申し込みが必要です。
こちらのフォームからお申込みください。