April.15.2021

第19回同志社つながる@カフェ 活動報告

arco

こんにちは!ARCOのニナです。

今回は、2月23日(火)に行った、第19回同志社つながる@カフェ~今だから伝えたい出町桝形商店街の魅力と力~について報告します。
同志社つながる@カフェとは、様々な分野で活躍されている地域の方をゲストにお迎えし、学生と情報、意見の交換を行うことで、学生が地域に興味関心をもつことを目標として行われているARCOの基幹事業です!

今回は、このようなご時世ということもあり、初のオンライン@カフェとなりました!
今回の@カフェのテーマは、前回に引き続き「出町桝形商店街」でした!
2020年は皆さんもご存じのように新型コロナウイルスの流行により、社会的に様々な影響がありましたね。そこで今回は、前回の@カフェでもお世話になった出町桝形商店街にはどのような影響があったのか、桝形事業協同組合の鋸屋慎三さんをお招きして、コロナ禍の商店街について直接お話を聞かせていただきたいと思い、企画いたしました。
しかしながら、残念なことに、諸事情により鋸屋さんが急遽参加できなくなってしまったということで、内容を一部変更し、今回の@カフェでは、主に出町桝形商店街の魅力を紹介し、皆さんに出町桝形商店街を知ってもらい、また皆さんの商店街に対する意見、質問を商店街の方にお伝えするという形で、出町桝形商店街の方々と学生の皆さんとの橋渡しとなるような企画を目指しました。

学生の皆さんに企画を楽しんでもらいつつ出町桝形商店街を知ってもらおうということで、まず初めに「出町桝形商店街クイズ」を行いました!
クイズでは、出町桝形商店街に関して詳しく知らないとわからないような少し難しめの問題を出題させていただきました!
参加してくれた皆さんにも楽しんでいただいていたようで、クイズが楽しかったとの声があり、とてもうれしく思いました!

次に、ARCOから参加学生の皆さんに出町桝形商店街に関する質問をさせていただきました!

印象に残ったのは、「商店街といわれて、思い浮かぶお店や人はいますか?」という質問です。
この質問には、なんと全員があると解答されました!皆さんにとって商店街は身近なものであるということを知る、良い機会となりました。

そしていよいよ出町桝形商店街紹介。

紹介では、実際に行ってみないとわからない、商店街の雰囲気やお店の方のお話を中心に紹介しました。オンラインの紹介でしたが、参加者の皆さんには、それぞれの気になるお店を見つけ、出町桝形商店街に行きたくなったとの声もいただきました。

最後の交流会では、本日の感想や参加者の皆さんから商店街の皆さんに対する質問を聞かせていただきました。
皆さんからは「お客さんとの関わりが強いということが印象的」「お店の方としゃべってみたい」「思っていたより出町桝形商店街が近くにあった」などの声があり、初めて知っていただけたことが多かった印象です。
商店街の方への質問には、「学生として、商店街に訪れる以外にどんな関わり方ができるか」「近年、シャッター商店街が増えているが、出町桝形商店街はどう向き合っていくのか」などの質問がありました。

今回の@カフェを通して、出町桝形商店街の魅力を少しでも伝えられたかと思います。
しかし、やはりその雰囲気は、実際に足を運んでみるのが一番かと思います!

***

後日談として

@カフェ終了後、ゲストとして来ていただく予定だった鋸屋さんに、@カフェの事後報告をさせていただき、当日の様子や、出た質問などをお伝えしました。@カフェにて出た質問として、学生が出町桝形商店街に対してできることは何かをお聞きしたところ、「まずは出町桝形商店街に来て、商店街の方と会話してほしい、そしてなじみの客になってほしい」とのことでした。

今回は残念ながら間接的なかかわりとなってしまいましたが、今度は皆さん自身で直接出町桝形商店街に行き、お店の方とお話してみてはいかがでしょうか?

 

***

@カフェ当日に紹介した出町桝形商店街について、オンデマンド映像を撮影しました!
当日参加できなかった方もぜひご覧ください!

※取材等においては、感染対策を講じながら行いました。

February.10.2021

「ボラ旅ガイド」活動報告

arco

こんにちは!ARCOのあまねです!

 

今回は11月22日(日)にZOOMで開催した「ボラ旅ガイド」についてご報告します。

 

「ボラ旅ガイド」は、ボランティアを旅に見立てて紹介するイベントです。旅のイメージといえば、「楽しい」「興味のある場所へ行く」「新しい発見」等ですよね。ボランティアには「難しい」「大変」等のイメージがあるとよく聞きますが、実際にボランティアに参加した人は、旅のイメージと同じく「楽しい」「興味のある場所へ行く」「新しい発見」等のイメージを持っています。このようなボランティアのイメージを参加者の方々に知ってもらい、ボランティアに興味を持ってもらうことを目的とした企画です!

今回は「祇園祭ごみゼロ大作戦」「子ども食堂」「千本100円商店街」「体験ボランティアプログラムin和束」「能舞台フェスタ」「まるごと美術館」を紹介しました。活動内容や活動場所、雰囲気の異なる6つのボランティアを紹介することで、参加者の方々に興味のあるボランティアを見つけてもらえたと思います。ボランティア紹介がわかりやすかった、という感想を頂けて、すごく嬉しかったです!

また、今回はZOOMでの開催ということで、ブレイクアウトセッションやスタンプ機能、反応機能を使用しました。ブレイクアウトセッションでは5~6人という少人数で、今回のイベントの感想やボランティアに対するイメージ等を話しました。みなさん、今回紹介したボランティアに関して積極的に質問してくれて、ボランティアに興味持ってくれたことがよくわかりました!

 

今回のイベントは私にとって初めての企画でした。自分たちの企画で参加者の方々に楽しんでいただけてとても嬉しかったです!今後も様々なイベントを開催する予定です。その時はぜひご参加ください!

 

以上、あまねでした!

February.04.2021

2020年度秋学期の代替りと活動報告

arco

みなさん、こんにちは!たかさんです!(^^)

学生ブログには去年の夏合宿2日目の記事以来の登場です!笑

 

ARCOは秋学期の始めから、3回生から2回生に代替わりをし、新しい組織体制となり現在活動をしています。

代替わりに合わせて、私、たかさんがARCOの代表に就かせていただくことになりました。

副代表はアガサ、ハリー、雪景の3人です。コロナ禍でいつもとは異なる状況ではありますが、さらにARCOの活動を発展させていけたらと考えています!٩( ‘ω’ )و

 

 

春学期はコロナの影響でARCOのいつもの活動ができない状況でしたが、秋学期から対面授業自体は一部再開されるも、引き続きARCOはオンラインでの活動がメインとなっています。

 

今年の秋学期は、学生と地域やボランティアをつなげるため、基幹事業の同志社つながる@カフェをはじめとした「学生に向けた企画」、「地域・ボランティアの情報発信をする取り組み」の2つを軸に活動をしています。

 

「学生に向けた企画」では、これまで18回開催されてきた、同志社つながる@カフェに加えて、学生のボランティアイメージの向上を目指す、新企画「ボラ旅ガイド」を、
「地域・ボランティアの情報発信をする取り組み」では、ARCOメンバーが地域やボランティア団体の方々に取材をし、新聞形式で情報発信をする「月刊ARCO新聞」を新たな活動としてスタートさせています。(ARCOのTwitterでもお知らせしていますが、記念すべき第1号が公開されました!→をクリック)

 

また学生にARCOの取り組みを知ってもらうという点で重要なポイントとなる「広報」に力を入れるため、今回の秋学期から「ARCOの企画、取り組みを広報する」ための専門の班を新たに作りました!同時に組織体制も、大きく変更し図のような組織体制で現在活動をしています。

 

コロナという言葉を聞かない日はないくらいコロナが当たり前になってしまった日々ですが、コロナ禍に合わせた活動、組織体制でARCOは活動をしています!

いつもの活動が難しい学期ですが、試行錯誤を重ねながら「地域と共に」をモットーに学生と地域をつなげるARCOの活動をさらに広げていきます!(*^^*)

 

最後に、、、あと少しで春休みですね!
「春休みに何かボランティアしてみたい!」という方や、「新しい活動を始めてみたい!」という方、ぜひ一度寒梅館1Fボランティア支援室にお越しください!
コロナ禍でもできるボランティアの情報を取り揃えております!

 

またARCOのTwitterでは、ARCOの活動、地域やボランティアの情報、今出川キャンパス周辺のことなど様々な情報を発信しています!ぜひフォローお願いします〜 (^o^)/
ARCO<今出川>:同志社大学ボランティア支援室学生スタッフ

(↑↑↑↑リンクでARCOのTwitterにとべます!)

 

以上、たかさんでした!

 

December.22.2020

2020年度春学期の活動報告

arco

 こんにちは!

 ARCOのそうです。

 

 2020年度の春学期はコロナ禍で従来のような活動ができませんでした。しかし、秋学期以降の活動に向けた新メンバー募集のために、オンラインで説明会と交流会を実施しました。

 

今回は、主に6/26(金)・6/29(月)・7/7(火)・7/15(水)・8/4(火)・8/5(水)・8/6(木)・8/19(水)・8/25(火)の9日間に行われたオンライン募集説明会について報告します!

 

 本イベントは、「新型コロナウイルスの影響を受けて、例年のような対面での企画ができない状況のなかでも、新入生に対してARCOのことを知ってもらうこと」「ARCOに興味を持ってもらうための機会を作り、ARCOの新規メンバー獲得すること」を主な目的として行った活動です!

 

例年はボランティア資料室にて対面で説明会を行っていました。しかしながら、今年度はオンラインミーティングアプリのZOOM上で、説明用のパワーポイントが参加者に見えるようにし、スライドに沿ってオンラインで説明を行いました。

具体的には、ボランティア支援室やARCOという組織がどのような理念で活動をしているか、昨年までのARCOメンバーがどのように活動をしてきたか、応募要件について説明しました。

春学期はオンラインでの授業形態に変わったことで、私たちとしても慣れない講義形態で中々時間が取れない中、オンラインで取り組むこととなり、当日のスケジュールや役割、注意点など、活動に必要なことを考える上で、オンラインでの活動ならではの問題にいくつも直面しました。

 

 

全て挙げるときりがない為、一部しか挙げませんが、「説明会中に参加者に通信トラブルが生じた時どうするか」、「ZOOMで画面共有をする上で動画の音声がしっかり共有されない」といったことはオンラインならではの問題がありました。

 

 

 そんな中でも、こういった問題を一つ一つ解決していくことで、回を追うごとに着実に良い説明会になったと思います。参加された方につきましては、ありがとうございました!

 

さて、秋学期が始まり、A R C Oはオンラインを活用してイベントの実施やボランティアや地域の情報発信のために日々活動しています。これからも私たちは学生がボランティアを身近に感じられるように様々な活動を続けていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

そうでした!

March.31.2020

第18回同志社つながる@カフェ 活動報告

管理者

こんにちは!
ARCOのSuicaです!

今回は、2020年2月12日(水)に実施しました第18回同志社つながる@カフェ「出町商店街は楽しし歩けよ学生」について報告します。
同志社つながる@カフェとは、様々な分野で活躍されている地域の方をゲストにお迎えし、学生と情報、意見の交換を行うことで、学生が地域に興味関心をもつことを目標として行われているARCOの基幹事業です!
今回のテーマは出町商店街でした!目的地は大学から歩いて20分ぐらいということで、気軽に参加できる企画を意識しました。
まずはガイドとしてお迎えした南さんから、参加者の大半が訪れたことのない出町商店街の歴史や地域との関係を紹介いただきました。
そして、今回は食べ歩きという活動をメインとし、おいしい唐揚げや手作り総菜などを食べて商店街の専門店も見学しました。やはり商店街の魅力は、スーパーの売り場ではできないような、会話のある買い物ができることだと感じました。

2@cafe

食べ歩きが終わった後は、マツヤ食料品店の店長さんや桝形商店街の理事長さんから商店街の歴史や文化を詳しく教えてもらい、今の問題と将来の発展についてもお話しいただきました。お話の後は、グループワークで自分の感想を共有しました。「人情味豊かなところ」「お互いの距離が近い場所」「充実の店舗ラインナップ」といった声が寄せられました。
今回は初めて出町商店街を訪れたという学生も多く、商店街を利用する方はまだまだ限られていると感じました。一方で、少子高齢化の時代に多世代が交わるコミュニティの場となり得る商店街は重要な存在であると思います。出町商店街が学生にとってより身近となってますます活性化するよう、今回で見聞きした魅力を伝えていきたいと思います。

2@cafe.2jpg

最後に、もし京都の地域文化の昔と今を触れたいなら、出町商店街は絶対行くべきだと思います!ちなみに、私はたまごのバラ売りが特に興味を持ちました!

今回の@カフェを通じて、参加学生に商店街と地域の魅力を感じてもらえたと思います。
今後も@カフェでは地域とのつながりを大切にしながら取り組んでいきますので、参加をお待ちしております~~

以上、Suicaでした。