June.26.2017

第7回同志社つながる@カフェ

arco

こんにちは!ARCOのかんとくとみきてぃです

5月26日(金)に第7回同志社つながる@カフェを開催しました。

今回は、「地域のお祭りとボランティア~祇園祭のごみ問題を解決しよう~」というテーマで、ゲストスピーカーとして「美しい祇園祭をつくる会」代表の松井朋子さんをお招きしました。

祇園祭の歴史や背景と共に、深刻なごみ問題についてお話を聞かせて頂きました。

当日は10名の学生が@カフェに参加してくれました!@カフェ

祇園祭は京都の三大祭りの一つでもあり、華やかさが目立つ一方で、ごみによる環境問題が深刻化しています。

祇園祭で年々増え続けるごみを何とかしようという活動が「祇園祭ごみゼロ大作戦」です!

毎年のべ約2000人ものボランティアスタッフが祇園祭で発生するごみの分別やリユース食器(再利用できる食器)の回収、ごみ拾いなどを行います。

私たち学生スタッフのメンバーも昨年度参加しましたが、ごみの多さにとても驚きました。

しかし、お客さんからごみを受け取るときに「ありがとう!」と言っていただけたり、他の大学生と一緒に活動して仲良くなったりと、とても楽しく、充実した活動でした。

そして、参加者の大半が「来年も参加したい!」と言っていたのがとても印象に残っています。

@カフェ当日の、後半のグループワークの時間では、「どうすればこの活動をみんなに知ってもらえるか」、「リユース食器をより多くのお店で使用してもらうにはどのような工夫をすればいいか」など、よりこの活動を発展させるためのアイデアが出されました。

今回の@カフェの参加者から 6名の学生がボランティアスタッフとして活動予定であり、同志社大学からは合計80名の学生が参加します。

当日はお祭りを楽しむとともに、ごみ問題の解決に貢献したいと思います!!

June.02.2017

5/13~5/14 和束茶畑ボランティア

arco

こんにちは!! ゴンでございます。

 

楽しいゴールデンウィークを過ごすことができましたか?

もう半袖で過ごしていても何ら問題ないほど暑い季節がやってきました。

 

先日5月13日~5月14日の2日間でボランティア体験プログラム第2弾として、

再び和束町で茶畑の体験ボランティアを行いました。

今回の活動では、念願の茶摘みや製茶工場の見学をすることができました。

 

 

初日の活動は天候に恵まれずビニールハウス内での作業が主でした。

「こまめ」という耕運機を使って土を掘り起こし、石を取り除くという作業でした。

午後からは天候も回復し、茶畑で雑草を抜く作業を行いました。

日常ではなかなか味わえないような充実した時間を過ごすことができました。

 和束

夜は地元のお茶農家さんや和束町に深く関わっていらっしゃる方々と交流しました。

また、偶然活動をご一緒させていただいたNICE(国際ボランティアNGO)の方々とも交流する機会があり、ボランティアの話だけではなく、

国際的な交流も行えて良い経験となりました。

 

2日目は朝のうちに茶摘みを行いました。茶葉を摘むときは、新芽の先端から二枚の

葉のついた部分を摘み取ります。これを、「一針二葉」といいます。茶葉を摘み取るポイントとしては爪でちぎると酸化しやすいので、人差し指の腹で丁寧に摘み取ります。また、茶葉の大きさも親指よりも小さいサイズの葉を選んで摘み取ります。

 2和束

午後からは「茶源郷“満喫”イベント」のお手伝いをしました。

参加者の方々と交流するだけでなく、参加者として

製茶工場を見学しました。生の茶葉が製茶されて市場に出回るお茶っ葉になる過程を知りました。

 3和束

和束町の魅力を全身で感じた2日間でした。

体験プログラムに携わって頂いた方々には感謝してもしきれません。

本当に貴重なお時間をありがとうございました。

 

 

まだまだ和束町にはたくさんの魅力があります。

 

次回のプログラムでもまたいろいろな発見があると思うので、

このブログを読んで気になった方は是非参加してみてね!

その魅力を体で感じ、和束町を満喫してみませんか?

 

 

以上ゴンでした。 C’est bon!

 

May.30.2017

新メンバーオリエンテーション

arco

ブログ

こんにちは! 2年次生のファミリアです!

5月も下旬になり、汗ばむ陽気になってきましたね(^_^;

 

さて、ボランティア支援室学生スタッフARCOは、5月20日(土)に今出川キャンパス至誠館1教室で新メンバーオリエンテーションを行いました。

ブログ2

今回のメンバー募集で加入してくれたメンバー14人に参加してもらいました。

 

最初に環境班によるアイスブレイク「絵描きリレー」を行いました。絵描きリレーとは班を決め順番に書いていき、それ以外の人が何の絵を書いているか当てるゲームです。自分も参加しましたが、絵を書くのが苦手で同じグループになった新メンバーに当ててもらい、凄く助けられました(*´ω`*)

 

次に「この人はボランティアでしょうか」というプリントを使って、ボランティアについて一問一答形式で考えてみました。それから、ボランティア支援室の紹介と、ARCOの歴史についての話を聞きました。

 

最後に学生スタッフARCOの説明、ボランティア支援室と資料室、普段使っているボックスの説明を行いました。新メンバーはどの班に入ろうかと迷っている様子でした (。・ω・。)

ブログ4

 

オリエンテーションも終わり、新メンバー参加のミーティングも今週行いました。

学生スタッフARCOの新メンバーを含め全員で協力してより良いボランティアイベントの企画、運営や地域のイベントに参加していきたいと思います!

 

以上、ファミリアでした!

April.06.2017

和束町茶畑ボランティア!!

arco

こんにちは。かんとくです。

 

まもなく新学期が始まりますね!充実した春休みをおくれましたでしょうか!

 

ボランティア支援室では、ボランティア体験プログラム第一弾として、

3月15~16日に、和束町で茶畑の体験ボランティアを行いました。

 

和束茶生産農家「和束園」の代表をしておられる植田修さんや、和束町の町長さんなど、たくさんの方々にご協力いただき、とても貴重な体験となりました。

 

突然ですが、みなさんは茶畑を見たことがありますか??

和束1

テレビや写真などでは見たことがあるかもしれませんが、生で見たことがある人は少ないのではないでしょうか。和束町は全国でも有数のお茶の生産地であり、人々の暮らしとお茶が密接に関わり合い、とても美しい景観を生み出しています。この景色に惚れて、和束町に移住する、なんてことも珍しくありません。

このように、自然に恵まれた土地であることから、桃源郷ならぬ「茶源郷」、温泉ではなく「緑泉」といわれ、親しまれています。

 

一日目の活動では、ビニールハウスでのお手伝いと山道整備、夜は現地の方々との交流会をしました。

茶畑にいくためには、車で山を登らなくてはいけないのですが、その山道が、泥や石、木の葉などでいっぱいになっていると危険なので、その掃除をしました。自分たちできれいにした道を通ったときは気持ちがよかったです!

和束2

二日目は、実際にお茶を植える場所の整地と、苗植えをしました。

茶畑は、山の斜面につくられるため、大きな機械は使えず、ほとんどが手作業になります。

急な斜面での作業はとても大変でした。

和束3

合計2000本の苗を植え、最後はみんなで記念撮影(*’▽’)

和束4

順調に育てば、5年後には収穫できるということで、自分の植えた苗が育ってくれるのが楽しみです。

 

今回の体験をふまえ、ボランティア支援室は今後も継続的に和束町と関わっていきたいと思います。

お茶に興味のある方、これをみて興味をもった方はぜひボランティア支援室までお越しください!!お待ちしております!!

 

以上、かんとくでした~(*^▽^*)

March.14.2017

春研修!

arco

こんにちは。

ボランティア支援室学生スタッフARCO副代表の「太郎」です。

 

最近日中は少しずつ暖かくなってきましたね。

ただ、相変わらず朝夕は冷え込むので体調管理に気をつけたいです。

 

さて、ARCOでは2月27日(月)に春研修を行いました。

 

春研修は、次年度に向けてメンバーの意識の再統一・向上を図ることを目的に実施し、7名が参加しました。

 

午前はARCOの存在する「目的」を再確認したのち、「ARCOの良いところ・悪いところ」について考えるグループワークを行いました。

IMG_2719

 

それぞれが考える良いところ・悪いところがたくさん挙がり、「良いところを活かすには」「悪いところを直すには」何をすべきか、について議論を交わすことができ、非常に有意義な時間となりました。

 

午後は「よりよい会議とは何か」というテーマでグループワークを実施しました。1人1人の意見を尊重して、全員がしっかりと納得してグループの意見にする「合意形成」を実際に体験しました。

IMG_2726

 

「合意形成は難しいけれど、納得して結論を出すことは大事だと感じた」という感想が聞かれました。会議における合意形成の重要性を学ぶことができたと思います。

 

その後、午前のグループワークで出てきた「ARCOを良くしていくためにするべきこと」について、①必ずしなければならないこと、②今からできること・挑戦したいこと、③今はできないが今後挑戦したいこと、の3つに分類するグループワークを行いました。

 

ARCOの現状を考えながら、自分たちが行わなくてはならないことをしっかりと考えられたと思います。

 

この春研修で出てきた意見を活かして、より良い組織づくりをしていきたいと思います。

 

以上太郎でした~。