December.03.2018

ARCO夏合宿 2日目

arco

こんにちは!ARCO1回生のあかしです!

引き続き、夏合宿2日目について報告したいと思います!

夏合宿2日目は7時半に朝食を食べて、9時に集会室へ集合してアイスブレイクを行いました!2日目のアイスブレイクは「もの誉めゲーム」というゲームを1回生が担当しました。机の上に置いたものをひたすら誉めていき、チームで点数を競い合うゲームですが、メンバーたちの真剣だけれど楽しそうな様子を見て、1回生の私たちのテンションも上がりました!

いよいよ本題に入ります!まずは春学期の活動を振り返って、秋学期の全体目標決めを行いました。これは秋学期を迎えるにあたって大切なことです。春学期に達成できなかったことや、引き続き目標としたいこと、また活動をする上で、大事にしたいことは何かといったことを各グループで出し合い、全体で共有しました。秋学期目標は、今回のワークで考えた内容をもとに、後日代表から共有されることになりました。

次に班メンバーの発表があり、その後班内の役割決めを行いました。春学期の連携班と広報班の一部の活動については、秋学期は担当者制に変更となりました。今まで先輩たちがやったことを一人で担当することは決して簡単ではありません。1回生にとっては新しい挑戦となりますが頑張ろうと思いました!

班のメンバーも決まったので、その後は秋学期の班目標決めを行い、全体で共有しました。私が所属している地域班の目標は、①「広報に力を入れる」、②「企画通りに進める」、③「全体ミーティングで積極的に発言する」、④「申し込み人数が定員15人を越える」以上の4つです。それぞれを達成するには、わたしたちARCO地域班のメンバーたちの努力だけでなく、特に目標④を達成するには、このブログを読んでくれているみなさんの積極的な参加が必要となります。様々な活動を行う予定ですので、ご参加お待ちしています!1543624493568

午後はワークだけでなく、普段から良く使うGoogleDriveと学生ブログのアップロード方法について先輩から説明がありました。とても良い勉強になりました。

最後は模擬ボラを行いました。模擬ボラとは、学生スタッフとボランティアを相談しに来た学生役に分かれ、ボランティアコーディネーションのスキルと実践力を向上するための実践ワークです。私はこのワークを通して自分のスキル不足を感じました。私の場合は、「ボランティア保険」について相手に説明するのがなかなかできなかったです。しかし先輩たちに優しく指導してもらったおかげで、少しずつできるようになりました。これからもう一層上達していき、相談に来た学生にもわかりやすく説明できるようにしたいです!

全プログラムが終わると簡単な振り返りとアンケート記入をして、集会室を片付けて合宿が終わりました。

今回の夏合宿で私たち1回生は先輩方とたくさん交流しました。秋学1543624468897期もARCOの活動を頑張っていきたいです!

December.03.2018

ARCO夏合宿 1日目

arco

皆さんこんにちは。この度ブログを更新することになりました、ARCOのそうです。

今回は、9月6日(木)から7日(金)にかけて行われたARCO夏合宿の1日目について報告します。

1日目の日中の活動は、合宿の前に発生した台風21号の影響で、予定していた宇多野ユースホステルが使えなかったため、今出川キャンパスの良心館で行いました。

日中の活動としては、3回生担当のアイスブレイクから始まりました。内容としては、夏休み中の思い出を挙げるというものでした。過去の出来事を思い出すことを通じて、頭の回転をよくし、合宿前の空気をほぐすことが出来、とても楽しい時間になりました。

次にARCOが活動する際に作成する企画書とポスターの修正の練習を行い、それによるスキルアップを目的とした「Let`s 修正!」を行いました。今までに提出された企画書の修正前のものを見て、どこを修正すべきかを考えるものです。これを通じて企画書を提出する前に企画書のどこに気をつけて書けばいいかを考えることが出来たので、これからの活動に活かしていきたいです。

そして、春学期の班活動の振り返りを行いました。これは、春学期中に各班で企画した活動について、良かった点と改善点をそれぞれ上げ、その中でも特に改善すべきものなどを取り上げて話し合い、今後の活動で活かすことを目的としたものです。実際にこれを行ったことで、全員が共通して感じていることを改めて認識することが出来、個人で感じていることについてもクローズアップできたので意義があったと思います。

 

IMG_0081IMG_0085

 

 

 

 

 

 

その後は、ARCOの春学期全体目標の振り返りを行いました。ここでは先ほどの班とは別のグループに分かれ、グループごとにそれぞれの方法で全体目標の振り返りを行いました。また、他のグループの振り返り内容を共有するため、他のグループがまとめたものを見て回りました。他のグループを見てみると、自分たちとは違う視点や考え方があり、グループによって様々な意見が出ていると思いました。今回の全体目標振り返りは、秋学期の全体目標を考える際にも欠かせないもので、自分にはなかった様々な視点に気づくことができたという意味でも、とても大事な時間となりました。

 

最後は、秋学期のARCOの新体制について発表がありました。秋学期は、春学期に班として活動していた広報班と連携班の活動の一部が担当者制に編成されたため、その役割も含めて班と役割の希望調査が行われました。

日中のワーク終了後は、宇多野ユースホステルが復旧したという連絡を受け、宿泊のため移動しました。

夕食に予定されていたカレー作りに関しては、京都市北青少年活動センターで行いました。親睦を深めるための活動で、ここでは3グループに分かれ、それぞれ個性溢れるカレーを作り、食べました。普段は基本大学や活動先での活動になるので、メンバー同士で料理を作る機会というのはほとんどありませんが、今回ARCO全体で料理を作ることができ、メンバーの普段の様子が知れて楽しい時間になりました。IMG_0074

宇多野ユースホステル到着後は、各自入浴した後、自由時間となりました。ここでは、様々なカードゲームや人狼ゲームを行い、楽しみました。ゲームは就寝時間まで続き、これまでに以上に親睦が深まった時間となりました。

以上が合宿での活動でした。次回は合宿2日目についての紹介となります。

October.17.2018

2018秋学期 新体制発表&代替わり!!

arco

皆さんこんにちは!チャーリーです(*’▽’)

 この秋学期から、ARCOの新代表に就かせていただくことになりました。

副代表はおさむとひろひろが務めます。

ARCOが今まで以上にパワーアップするように、精一杯頑張らせていただきます。

よろしくお願いします!

 

さて、代替わりに伴いまして、組織体制が新しくなりましたのでご紹介します。

 

春学期は、地域班・企画班・広報班・連携班の4つの班体制で活動していましたが、秋学期は地域班と企画班の2つの班体制となり、代表以外は全員どちらかの班に所属することになりました。

班体制

 

 地域班では、春学期と同様に地域と学生の出会いの場をコンセプトに、地域で活動する様々な方と出会い、気軽に交流する場として「同志社つながる@カフェ」を企画・運営しています。

秋学期は10月と12月に実施する予定です。

 

企画班では、地元の小学生と季節ごとの行事を楽しみながら、一般学生にも当日のボランティアスタッフとして参加してもらう「四季体感イベント」の企画・運営を行っています。

また、ボランティア支援室のある寒梅館を飛び出し、人通りの多い良心館のラウンジなどにブースを設置してボランティア相談受付を行う「出張ボランティア支援室」の企画を行います。春学期は広報班の活動としていましたが、秋学期は組織体制の変更に伴い企画班の活動として行うこととなりました。

「出張ボランティア支援室」は10月末に、「四季体感イベント」は12月に実施する予定です。

 

その他、春学期に班の活動として取り組んでいた連携班と広報班の一部の活動は、それぞれ担当者を設けて引き続き、取り組んでいきます。

 

3回生が引退し、とても寂しいですが、1・2回生計12人でこの秋学期も活動して参ります!

少しでもボランティアに興味がある方は、寒梅館にてボランティア相談の受付を行っておりますので、是非お立ち寄りください!ボランティア情報も多数揃えております✨

 

最後に告知です!

「同志社つながる@カフェ」が10月30日(火)に開催されることに決定しました!

テーマは「京町家」です。今回は実際に町家を訪れて開催します!

詳しくはこちらをクリック!

興味のある方はお気軽にお申し込みください!今から楽しみですね!(^^)!

 

以上、チャーリーでした!

August.10.2018

新メンバーと西陣マルシェに参加してきました!!

arco

こんにちは! ARCOのゴンです。

ずいぶん久しぶりの登場となりました。

今回は先月6月10日に開催された「第32回西陣朝市マルシェ」にボランティアとして参加してきました。西陣マルシェは地域の方が中心となり様々なお店を出店しているイベントです。このイベントは西陣まちおこしの会という地元有志の方々の手で作り上げられていることが特徴で、年4回西陣児童公園にて開催されています。

マルシェ当日の活動としては、ガラガラくじの受付と野菜の販売とテントの片づけを行いました。

なんと今回はARCO以外からの参加者が居たというのはもちろんのこと、ARCOの新メンバーの半数以上が参加してくれました。各々の活動にやりがいを感じていたり、地域の方々が出店しているお店、活動に興味を持ってくれていたので、先輩としてはうれしい限りでした。

 

私は1年次生のころからこのボランティアに参加し続けており、何回参加したか覚えていません。なぜそんなにも参加しているかというと、地域の方々と親密な関係を構築できるからです。同志社大学の学生は地域の方が学生をあまり歓迎していないと感じてしまうことが多いかもしれませんが、実際はそんなことありません!!

地域の方々は学生が地域に参加することをとても快く思っていますし、温かく迎え入れてくれます。

皆さんも是非僕たち学生スタッフと共に地域のイベントに参加してみませんか?

次回は9月9日(日)に開催される予定です。

詳しくはボランティア支援室までお越しください!!

以上、ゴンでした!

June.29.2018

「ちょいボラ! 障がい者スポーツ」

arco

こんにちは!ARCOのひろひろです。

今回は、6月10日(日)に実施した「ちょいボラ!~学生スタッフARCOとボランティアに行こう~」について報告します! 

 

この企画では、私たち学生スタッフARCOと一般学生が一緒にボランティア活動に参加します。ボランティア初心者の学生や、ひとりで参加するのが不安な学生の活動のハードルを下げ、もっと気軽にボランティア活動に参加してもらうことを目的としています。

 

今回、私たちが参加させていただいた活動は島津アリーナで行われている「障害者スポーツのつどい」です。障がいのある方はスポーツをする機会を得にくいですが、この「つどい」は障がいのある方もスポーツを楽しむことのできる場になっています。私たちは当日のスタッフとして参加し、障がいのある方と一緒に様々なスポーツを楽しんだり、会場の運営の補助をしたりしました。

 

「つどい」では障がいの有無に関わらず楽しむことのできる「障がい者スポーツ」を行っています。「車いすハンドボール」や音を頼りにボールを打ち合う「サウンドテーブルテニス」など様々なスポーツがあり、多くの学生が今回初めて「障がい者スポーツ」を体験しました。Image_a786f80

 

「障害者スポーツのつどい」に関わり、私は初めて障がいのある方とスポーツを楽しみました。障がいに対してどう向き合っていくかということは重要な社会問題として今まで遠いものだと感じていましたが、スポーツを共に楽しむ活動を通じて自分の身近にある問題だと捉えることができました。また、今回ARCOを含めて25人もの学生が参加しましたが、「障害者スポーツのつどい」の皆様が快く受け入れてくださりました。ありがとうございました!おかげさまで貴重な経験や新しい学びを得ることができました。

 

以上、ひろひろでした。