同志社大学
ボランティア支援室
室長
上田雅弘

同志社大学ボランティア支援室は、本学学生のボランティア活動を支援するために、2016年4月に開設されました。「ボランティアってどんなものがあるの?」「ボランティアを始めるにはどうしたらいいの?」「大学生活で打ち込めることを見つけたい」「地域の方々とふれあいたい」など、ボランティアに少しでも興味のある学生のみなさんは、ぜひ一度支援室に足を運んでみてください。支援室職員が丁寧に対応します。

また、ボランティア支援室では、ボランティア活動を始めたい学生や、ボランティアに関するスキルアップを目指す学生のための各種セミナー・講演会の開催や、定期的に地域の方々と学生が知り合う場として『同志社つながる@カフェ』を主催します。実際のボランティア参加に対するハードルが高ければ、まずはそのような催しに参加するところから始めてみるのも良いでしょう。

社会における様々な場面において、学生の力が必要とされています。また、学生にとっても、ボランティア活動を通じて様々な立場や世代の方々と出会い、異なる価値観を認め合い、理解し合いながら協調して課題に取り組んでいく、「誤解」を「理解」に変える経験は、学生生活における大きな糧となることでしょう。

学生のみなさんがボランティア支援室を積極的に利用して活動し、実り豊かな学生生活を送られることを願っています。

ボランティア支援室について