20187.7(土)

四季体感V募集

詳細はこちら

ボランティア体験

四季体感イベント~ミニ七夕短冊を作ろう!~ボランティアスタッフ募集

6.29(金)

7/7(土)に開催する四季体感イベントの当日運営ボランティア募集します!

四季体感イベントとは、学生と地域がつながる場を作ることを目的に学生がボランティアを通して、地元の小学生と季節ごとの行事を楽しもう!というイベントです。

普段触れあう機会の少ない地域の小学生と、七夕飾り作りやミニゲームを通して交流してみませんか? 

子どもと触れ合う活動に興味のある方必見です!
学内での開催なので、ボランティア活動が初めてでも気軽にご参加いただけます。

この機会にぜひ参加してみて下さいね!

時間
11:00~16:30
場所
烏丸キャンパス 志高館ラウンジ(地下1階)
対象
同志社大学学生
主催
ボランティア支援室学生スタッフARCO
備考

定員:10人【先着順】※定員に達し次第締切
参加費:無料(昼食はご持参ください)
申込方法:ボランティア支援室(ji-volun@mail.doshisha.ac.jp)へメール申込【〆切:6/29(金)17:00】
件名「四季体感ボランティア申し込み」本文①氏名②学籍番号③学部学科④電話番号⑤メールアドレス⑥説明会参加可否

※参加者を対象に7/3(火)12:30から15分程度行います。詳細は申し込み完了後、ボランティア支援室より個別に連絡します。参加できない場合は個別対応します。メールに可能な日を記載してください。

 

20189.20(木)

kikaku

詳細はこちら

セミナー

企画のつくり方講座

8.19(日)

[スキルアップ講座]Vol.3
[スキルアップ講座]とは、ボランティア活動に取り組んでいる学生や学内ボランティア団体等を対象に、活動に活かせる発展的な知識やスキルを学ぶ場を提供するボランティア支援室主催の講座です。

企画に関するさまざまな疑問に
プロの講師がお答えします!
「企画作成から実施まで、具体的にどのような作業が必要なの?」
「新しいイベントを企画したいので、企画書の書き方を知りたい!」etc…
これから初めて企画をつくる人も、今まで企画づくりの基礎を学ぶ機会が
なかった人も、必ずためになる、目からウロコな講座です!

講師 川人ゆかり
(合同会社ミラマール代表社員/カノホナヒューマンリソース株式会社執行役員)

【プロフィール】
同志社大学卒業後、(株) リクルートエージェントにて約3年間採用支援業務に従事。
退社後はアジア、ラテンアメリカを中心に、約1年半をかけて世界一周へ。帰国後は
『暮らす・働く・旅をする』をテーマに独立し、キャリア支援やグローバルキャリア教育等の
プロジェクトに複数携わる。現在は、地域移住定住促進支援組織ローカルキャリアカフェの
代表として日本全国の地域をサポートする一方で、企業の採用支援事業も行なっている。

時間
13:00~16:00
場所
京田辺校地恵道館202教室
対象
企画づくりに関心のある同志社大学生
主催
ボランティア支援室
備考

定員:20名(先着順、定員に達し次第〆切)

申込:ボランティア支援室へメール申込
送信先→jt-volun@mail.doshisha.ac.jp
件名「スキルアップ講座申込」
本文①氏名②学生ID③所属団体(あれば)
④その他(相談したい悩み、講師に聞きたい質問など)

問合せ:ボランティア支援室(京田辺)
TEL 0774-65-6777
MAIL jt-volun@mail.doshisha.ac.jp

20187.3(火)

07@cafe

詳細はこちら

交流カフェ

第12回 同志社つながる@カフェ 「身近に潜む国際問題~異文化理解でよりよいまちへ~」

7.2(月)12:00

「同志社つながる@カフェ」とは、地域の方と学生の交流の場です。

地域の方と学生が、歴史・文化・行事・暮らしなどなど色々なテーマについて情報交換できる場を定期的に設けています。

第12回目は、「身近に潜む国際問題~異文化理解でよりよいまちへ~」を開催します。

今回はゲストスピーカーに、
バザールカフェの狭間明日実氏にお越しいただきます!

外国人に対する偏見・先入観や地域住民の不信感から在住外国人と地域との間にすれ違いが生じることもあります。
異文化理解とは何なのか今一度捉え直し、学生に今できることは何か考えてみませんか?
地域のよりよい国際交流のためにできることを一緒に探しましょう!


みなさんのご参加、お待ちしています!

時間
18:30~20:30
場所
良心館302教室
対象
同志社大学学生
主催
ボランティア支援室学生スタッフARCO
備考

定員:15人【先着順】※定員に達し次第締切
参加費:無料
申込方法:ボランティア支援室(ji-volun@mail.doshisha.ac.jp)へメール申込【〆切:7/2(月)12:00】
件名「同志社つながる@カフェ申込」本文①氏名(ふりがな)②学生ID③電話番号④メールアドレス

 

20187.2(月)7.4(水)

JICA

詳細はこちら

セミナー

JICA国際ボランティアセミナー~青年海外協力隊ってどんなの?~

申込不要

青年海外協力隊とは、技術や経験を生かして、開発途上国の人々とともに生活し相互理解を図りながら、現地の人々の自助作用を促進させる形で協力活動を展開していく海外でのボランティアです。

 当日は、JOCA(公益社団法人 青年海外協力協会)の職員の方と、青年海外協力隊員として活動された方を講師としてお迎えし、活動の体験談を交えながらセミナーを行います。


「協力隊にはどうやって参加するの?」  「どんな活動をするの?」
国際協力に興味はあるのだけど・・・という方、
協力隊に参加してみたいという方、
まずは気軽にセミナーに参加してみませんか?

 

今出川キャンパスゲストスピーカー:

平松佑理(ひらまつゆり)氏 2009年度卒 商学部

2015年3月からフィリピンで、工芸品のスリッパを作っている生産者のマーケティングや、販路拡大のサポートを通して生活向上、地域活性化に繋がるコミュニティ開発活動を行った。

現在は、協力隊員での経験から地方創生に興味をもち、フィリピンと日本の地方(特に和歌山県)を繋ぐための会社の起業を目指している。

 

京田辺キャンパススピーカー

谷紀子(いえたにのりこ)氏 2000年度卒 工学部 

企業に勤務したのち、青年海外協力隊として、
2004年~ガーナ 2007年~サモア 2010年~インドネシア にて活動。
JICAボランティア職種は、「理数科教師」。
現地では主に、子どもたちへの授業、教員への授業アドバイス、小学校巡回(算数)などを行った。帰国後は、2012年~2017年の間、JICA関西国際協力推進員として活動していた。

内容:
・JICAボランティア事業概要説明(応募の流れなどについて)
・JICAボランティア経験者体験談
・応募相談・質疑応答など

時間
7.2(月)7.4(水)14:55~16:25
場所
7.2(月)今出川校地良心館208教室 7.4(水)京田辺校地知真館1号館211教室
対象
同志社大学の学生・大学院生
主催
同志社大学 ボランティア支援室
備考

申込み不要!直接会場へお越しください。

対象:本学学生 
定員:なし
主催:ボランティア支援室
問合せ先:ボランティア支援室(京田辺)
TEL 0774-65-6777 MAIL jt-volun@mail.doshisha.ac.jp

20186.10(日)

(HP用)ポスター

詳細はこちら

ボランティア体験

ちょいボラ~学生スタッフARCOとボランティアに行こう!~

6.1(金)17:00

ちょいボラとは・・・
同志社大学の学生にもっと気軽にボランティア活動に参加してもらうための企画です。

ボランティアに興味があるけど一人で参加するのは不安…と思っているあなた!ボランティア支援室学生スタッフと一緒にボランティアに参加しませんか?

申込・お問い合わせはボランティア支援室(今出川)まで!

障がいのある方たちと一緒に楽しくスポーツしませんか?
日時:6/10(日)10:50(集合)~16:30(終了予定、現地解散)
活動場所:寒梅館(今出川)
活動内容:学生スタッフと一緒に会場準備、障がいを持つ方の手助け、案内、スポーツをします!動きやすい服装と体育館シューズ、またはきれいな運動靴(室内用)を用意してください。

時間
10:50(集合)~16:30(終了予定、現地解散)
場所
【集合】寒梅館(今出川)                           【活動場所】京都府立体育館(「大将軍」バス停から徒歩3分)
対象
同志社大学学生
主催
ボランティア支援室学生スタッフARCO
備考

定員:15名【先着順】※定員に達し次第締切 →5/31 定員に達しました
参加費:無料 ※集合場所から活動場所までのバス移動に片道230円が別途必要です
申込方法:ボランティア支援室(ji-volun@mail.doshisha.ac.jp)へメール申込【〆切:6/1(金)17:00】5/31 定員に達しました
件名「ちょいボラ申込」本文①氏名(ふりがな)②学生ID③電話番号④参加できる事前説明会日時(※下記記載)を明記してください

※事前説明会について
参加者を対象に6/4(月)~6/8(金)の昼休み・3限・4限のうち希望の時間帯に説明会を行います。
説明会実施等の詳細は申込完了後、ボランティア支援室より個別に連絡します。