201612.14(水)

スライド1

詳細はこちら

交流カフェ

第6回同志社つながる@カフェ「京都の児童館を知ろう!」

12.13(火)

「同志社つながる@カフェ」とは地域の方と学生の交流の場です。

地域の方と学生が、歴史・文化・行事・暮らしなど色々なテーマについて情報交換できる場を、月1回のペースで設けています。

第6回目のテーマは「京都の児童館を知ろう!」です。皆さんは「児童館」と聞いて、どんな活動をしている場所かイメージできますか?児童館の活動は多岐にわたっています。今回の同志社つながる@カフェでは児童館の職員の方をゲストスピーカーにお呼びして、子どもと一緒に活動するボランティアについて考えます。一緒に活動する仲間がきっと見つかるはずです!

興味のある方、ぜひご参加お待ちしています♪

時間
15:00~16:30
場所
良心館407

201611.26(土)~28(月)

doshishaevekumamoto

詳細はこちら

セミナー ボランティア体験

【同志社EVE】熊本地震復興支援パネル展示・物販のご案内

申込不要

熊本地震の発生後、本学では熊本の復旧・復興支援の取り組みを行なってきました。
活動に関わった学生からは、「今後も熊本への継続的な支援を行なっていきたい」「多くの人に現状を知ってもらいたい」などの要望が寄せられています。

ボランティア支援室では、同志社EVEにおいて、熊本地震による被害の現状を伝え、一人でも多くの方に熊本への興味・関心を持ってもらうことを目的としてパネル展示と物販を行ないます。

なお、物販での売上金は、必要経費を除き、熊本の復興支援のために寄付します。

みなさまのご来場をお待ちしています!

時間
10:30~20:30(最終日は16:00まで)
場所
良心館101教室
主催
同志社大学ボランティア支援室(協力:本学教職員有志)

201611.26(土)~11.28(月)

同志社EVE募集チラシ

詳細はこちら

ボランティア体験

【同志社EVE】熊本地震復興支援ブース展示及び物販活動ボランティア募集

11.22(火)

熊本地震の発生後、本学では熊本の復旧・復興支援の取組みを行なってきました。
活動に関わった学生からは、「今後も熊本への継続的な支援を行なっていきたい」
「多くの人に現状を知ってもらいたい」などの要望が寄せられています。

ボランティア支援室では今回熊本地震による被害の現状を伝え、一人でも多くの方に
熊本への関心・興味を持ってもらうことを目的に、ブース展示と物販を行ないます。

今回、この企画の当日運営をサポートしてくれる学生を募集します。
あなたも、京都からできる支援を、一緒に行ないませんか?

日時:11/26(土)~11/28(月)
   9:30~21:00の間で活動できる時間帯
   (ただし28日は16:00まで)
〆切:11/22(火)

申込:
ボランティア支援室へメール
ji-volun@mail.doshisha.ac.jp
件名:「同志社EVEボランティア申し込み」
本文:①参加者氏名(ふりがな)②学生ID③電話番号
④メールアドレス⑤参加できる時間

みなさんのご参加お待ちしています!

 

場所
同志社大学 良心館101
対象
同志社大学 学生
主催
同志社大学 ボランティア支援室

201611.16(水)

Eggチラシ

詳細はこちら

ボランティア体験

【11/16(水)】一日体験ボランティア「小学校で Egg と一緒に子どもたちと遊ぼう!」

11.11(金)

一日体験ボランティアって?
Eggは月に1,2回小学校へ行って、ドッチビーや紙飛行機大会、ミニ運動会など、子どもたちとの遊びを企画しています。
今回は、そのEggの活動を少しのぞき見できる、1日体験型のプログラムです。

「ボランティアしたいけど、どんな活動か分からない」
「一人で参加するのはちょっと・・・」という学生や 
「子ども好き!」「スポーツ好き!」という学生にオススメ!
Eggの学生たちと一緒に参加でき、内容も子どもたちと楽しく遊ぶボランティアで、気軽に参加していただけます。

IMG_4561

Eggとは?
スポーツボランティア団体Egg(V-NET/同志社大学学生支援センター登録団体)は、
京田辺市の小学校を中心に、子どもたちにスポーツの楽しさを伝えるために活動を行っています。

V-NETとは?
同志社ボランティアネットワーク(通称V-NET)は、同志社大学に所属するボランティア団体(公認団体、学生支援センター登録団体)の活動のさらなる活性化を目的とした、学内ボランティア団体横断型のネットワークです。
今出川、京田辺それぞれの校地ごとにネットワークをつくり、ボランティア支援室が開催する情報交換会で、日頃の活動や組織の運営について意見交換を行っています。
2016年3月現在、今出川6団体 京田辺7団体が加入しています。

Cik3-7fVEAAoF--

日時:11/16(水)14:00~17:30
〆切:11/11(金)17:00まで


申込:ボランティア支援室へメール
jt-volun@mail.doshisha.ac.jp
(氏名・電話番号・学部学科・学籍番号
参加時間・緊急連絡先・持病など特記事項を明記)

タイムスケジュール:
14:00 京田辺キャンパス正門集合・ガイダンス
14:30 出発→京田辺市立薪小学校到着
15:00 第1部開始
16:00 第2部開始
17:00 終了・振り返り
17:30 解散
※途中参加・退場OK

後日“VoLunch”開催!
 11/21(月)17:00-17:30@日糧館2階ラウンジ(京田辺)
スポーツボランティアサークルEggについてのお話を聞き、今回の一日体験ボランティアの振り返りを、参加者みんなで行います。
当日話し足りなかったことや、もっと聞きたいこと、今後この活動に参加するにはどうしたらいいかなど、話す機会を設けます。お昼を食べながら、楽しくお話しましょう!
※参加者はこちらもセットで、全員参加してください。難しい場合は相談に応じますので、申込時にお伝えください。

主催:同志社大学ボランティア支援室  

運営:スポーツボランティア団体Egg

Eggの活動の様子はこちらから!
@Eggdoshisha

 

 

時間
14:00~17:30
場所
京田辺市立薪小学校
対象
同志社大学在学生
主催
同志社大学ボランティア支援室

201610.26(水)

10月@カフェ ビラ 決定版

詳細はこちら

交流カフェ

第5回同志社つながる@カフェ「復興支援」~今、京都で出来る支援とは~

10.23(日)

「同志社つながる@カフェ」とは地域の方と学生の交流の場です。

地域の方と学生が、歴史・文化・行事・暮らしなどなど色々なテーマについて情報交換できる場を、月1回のペースで設けています。

第5回目のテーマは「復興支援」~今、京都で出来る支援とは~です。皆さんは復興支援と聞いて、どんな活動を思い浮かべますか?現地に行く以外にも支援の方法は沢山あります!今回の同志社つながる@カフェでは実際に災害に対する支援を経験した学生や上京区社会福祉協議会さんをゲストスピーカーにお呼びして、今、京都で出来る支援とは何か考えます。一緒に活動する仲間がきっと見つかります!

興味のある方、ぜひご参加お待ちしています♪

時間
18:30~20:00
場所
寒梅館 2C会議室
対象
同志社大学 学生
主催
ボランティア支援室